ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
1/24 ビレッジツアー

今日は日曜日。トクピジンレッスンはお休み。

今日はビレッジツアー。ガイドのパンヤに迎えに来てもらって、車2台で30分くらいかけて、山に向かった。

IMG_1318

一本道をひたすら行く。周りは藁葺きの家がポツポツ。人はみんな車に向かって手を振ったり、どこ行くのー?とかYO!WA!とか言ってくる。運転手と同じ部族で、みんな友達なのだ。パプアでは同じ部族のことをワントクと言う。ワン(同じ)トク(言葉)っていう意味だ。

IMG_1229 IMG_1231

村に着くと人がたくさんいた。大人も子供もおじいちゃんも近寄ってきて歓迎してくれた。ピジン語だったけど結構わかった。「日本はパプアの車をつくってるけど、飛行機もつくってるのか?」「お前らはステゥーデントか?」とか日本人の俺らにすげえ興味深々だった。おしゃべりが楽しくて夢中になってると、俺だけ置いてかれそうになった。どうやら自分はこの村に合うらしい。みんなにお前はここに住めと言われた笑。

そのあと、パンヤに連れられ村を案内された。畑や墓や小屋など説明してくれた。

 IMG_1235

パンヤ「この実を食うとうんこが真っ赤になるんだ!昔JICAの奴が知らずに食って大騒ぎだったんだ!ガハハハハハ!」

この話、相当気に入ってるらしく、5回連続で聞かされた。

 IMG_1244 IMG_1240

右は生理中の女性が暮らす小屋。左は死んだ人を腐敗させる小屋。他にもmaking childrenの小屋があった。パンヤはめっちゃ爆笑しながら説明してくれた。笑。

IMG_1253IMG_1264

民族衣装を着た兄ちゃんがムームーという蒸し焼き料理を作ってごちそうしてくれた。カイカイという芋とバナナと魚と草を混ぜたようなものを食った。カイカイはサツマイモのような味で甘くておいしい。バナナは…全然バナナの味せんし、うまくなかった。

続いて今度は別の村にやってきた。

そこで見たものは・・・

IMG_1288

おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおぉっっっ!!!

裸族!

ちょっと目のやり場に困る!笑。いや~写真では見てたけどやっぱり生は迫力ある!衣装とか家とか道具にものすごくセンスを感じる。かっこいい!すげえニコニコして話してくれる。こんな人たちと普通にピジン語で会話出来るって不思議な感じがした笑。

シンシンというお祭りとか観光客が来たときしかもうこういう格好しないらしいです。なんかこんな素晴らしい文化が観光地化されたり、文明が入ってきて生活が変わって、いつかなくなってしまうのかな~と思うと寂しい感じがした。

でもでも、やっぱりまだ原始的な生活も垣間見えるところがたくさんあった。笛吹いたり、民芸品作ったり、動物弓矢で狩って食ったり。ホントにこんなんしてるんやーと感激した。

IMG_1316

いままで行ったところは治安の悪い所ばかりで恐かったけど、今日はみんなとても人懐っこくて、村人同士も仲良くてみんな幸せそうな顔をしていた。ただ、文明を取り入れて便利になるだけが幸せじゃないなと思った。今日でだいぶパプアのイメージが変わった。かなり好きになった。ずっと住んでもいいくらい笑。

Mi hamamas! (わたしは しあわせです!)

Comments
Comments
景色がきれいですねぇ~
写真を見ながら驚いています。パプアの人ってそういう肌の色なんだ!とか緑がいっぱいなんだ!とか・・・私の空想の世界のパプアとはまるで違うんだね(笑)パプアってほんとに遠いんだなぁと感じます。

それにしても、”生理中の女性が暮らす小屋”と”死んだ人を腐敗させる小屋”、ほとんど変わらないように見える。。。
2010/01/26(火) 22:19:42 | URL | あききん #- [ Edit ]
井の中の蛙
写真を見てるとまるで「世界ウルルン滞在記」の様じゃのう~

それにしても世界は広いぜよ~

小さな蝶のはばたきがいずれは大きな風を巻き起こすぜよ~
2010/01/27(水) 13:44:59 | URL | 坂本 龍馬 #- [ Edit ]
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/9-eb0be88c
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks