ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
2/1 ヴィレッジステイ in マダン

総会終了後、マダンを観光しようと思い、チケットをキャンセルして滞在を10日間延期した。

しかし、マダンは予想以上に治安が悪く、外は自由に歩けない。しかも、ホテルのツアーやダイビングに申し込むには人数が必要だという。

あてにしていたマダンのボランティアの家にも泊まれず、途方に暮れていた。

そんな時、たまたまホテルの従業員と仲良くなり、彼の村、”バホール村”でホームステイすることになった。IMG_8108

彼の名はアーノルド。7人の兄弟の長男。

同じ集落には弟の家族や親戚などとがいてみんなごちゃまぜで仲良くにぎやかに暮らしている。

みなフレンドリーで、やさしい。「お前は家族だ」「ずっと住め」と言う。

途方にくれていた私にとってとても嬉しい言葉だった。

3日ほどのつもりが、結局10日間一緒に暮らした。

日程をざっくりと紹介。

1日目 ビルビル村のシンシンを見る。 IMG_8363

クンドゥー(太鼓)を鳴らしながら、輪を描いて歌う。頭には船を模した飾りをかぶっている(ダンボール製)。体に赤い染料を塗っている。強そう。


2日目 おばあちゃんのところへ行く。

おばあちゃんは第二次大戦経験者。マダンは日本軍が最初に上陸した場所で日本の本部が置かれたところだ。日本軍は村の食い物を荒らし、人々をこき使い、逆らうものは撃ち殺した。友達が何人も殺されたのだという。空からは爆弾が降ってきて、家も畑もなくなったという。言葉が出なかった。涙が出た。

そんな酷い目にあったにもかかわらず、こうして日本人の私を家族と言って迎えてくれている。「日本人は好きだ。許す。」と言う。

こっちでは小さな子供でも知っていることを日本人は知らない。パプアという国さえ知らない人もいる。そんなんでいいんだろうか。日本の学校で何を学んだんだろう。この話をきいてどうすることも出来なかった私はこれを日本に伝える使命感を感じた。

 IMG_9404 畑の奥の奥にある洞穴。日本軍から隠れるためのもの。

 IMG_9421  その近くにある硫黄の臭いのする冷泉。不思議な雰囲気が漂う。


3日目 始めてブアイを食べる。クレイポット作りを見る。 IMG_9588 ブアイとは?・・・熱帯地方の嗜好品。
①ヤシ科の実「ブアイ」
②貝をすりつぶした粉「カンバン」(石灰)
③木の芽「ダカ」
を一緒に噛むと化学反応を起こし赤く変色し陶酔感を味わえる。
パプアでは子供から大人までみんなやってます。
初トライした感想。
「一瞬歯に電気が走った。エグっマズっい。陶酔感なんて感じない。」
歯を大事にしたいのでもうやりません。

IMG_9616

ビルビル村はパプアでは珍しいクレイポット(土器)を作る村だ。

バホールとビルビルはすぐ隣の村。でも元々違う民族で言語が違う。

バホールは土地があるのでブアイやイモを売って金にする。
ビルビルは土地が無いのでクレイポットで観光客を呼び金にする。

だからバホールはビルビルのクレイポットは作らない。

すぐ隣なのにパクらないんだなぁ。
金儲けや合理性を求めるどっかの人とは違うな。と思った。

お互いの文化を尊重し、自分達の文化を守る。だからパプアはいまだに800以上の言語が残っているんだろう。ちなみにこの言語数世界の言語数の1割以上を占める。人口はたった600万人。

4日目 裁判所へ行く。 弟が殺人犯に仕立て上げられたらしい。
         散々待たされた挙句、延期。裁判所もパプアタイム。
5日目 マロロ (休憩)

IMG_9778 
海でワスワス。砂で体をワッシムする。歯もワッシム。ジョリジョリ・・。

6日目 大きな川の河口へ行く。鶏をさばく。
7日目 ガリム村のシンシンを見に行く。 ビルビルと同じタイプ。
8日目 ハーバークルーズに行く。(別行動していたJVとツアーで)。
9日目 サンデースクール(キリスト教の勉強)を見る。
10日目 タウンで買い物、最後の晩餐。 IMG_847610日間という長い間、気を使うことなく食べて、寝て、遊んだ。自由にさせてもらった。家族の一員のように。

ママが出発の朝、急に泣き出すのでこっちももらい泣きした。空港もほとんどの兄弟が見送りに来てくれた。妹のデリーラはマラリアになって高熱でてんのに来てくれた。くぅ~やっぱりみんないい人だぁ。

マダンが治安が悪いのは最近になってから。ハーゲンやレイといいう都市から犯罪者が流れてきたんだそうだ。

本当のマダン人はみんないい人ばかり。そして村の中は色とりどりの花や蝶、どこまでも続く砂浜、青い海。家の並びや道もココポ、ラバウルよりも全然綺麗。

本当のビューティフルマダンは村の中にあったのだ。

IMG_9564IMG_9864IMG_9731
                      IMG_9660IMG_9339IMG_9870

 

IMG_9478
Comments
Comments
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/60-7c4846ba
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks