ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
1/15 パプア3日目

今日は銀行の開設や、安全講習、健康管理講習などがありました。

銀行はBSP銀行といって奇抜な緑色のうにょうにょのビルです。

初めてYシャツを着てまじめに働いているパプア人を見たような気がします。

パプアの被雇用者は人口600万人のうちのわずか20万人。

それもほとんどが首都のポートモレスビーです。

町の中は人がたくさんプラプラしてますがどうやって生計を立ててるんやろか。

最近は首都に仕事を探して地方からやってきた人がセツルメントというスラムがつくられているそうだ。働けず金もないため、ラスカルになるという仕組みだ。

ラスカルというのは強盗や誘拐や空き巣をする悪い奴らのことです。

今ドミにいる先輩もラスカルにやられ、金を取られボッコボコになっていました。ホント恐いです。外を歩くときはいつもビクビクしてます。

安全講習はそんな名前はかわいいが凶悪なラスカルから身を守る術を学びました。夜は絶対歩かない!これに尽きる。

健康管理講習ではマラリアの検出キットで実際に血を採り検査しました。病気も恐いんです。POMは蚊あんまりいないけどね。

IMG_0069

今日のご飯はプクプクの肉~

IMG_0076

プクプクはワニのこと。味は焼いたマグロとか鶏肉っぽい。うんまい。

飯のあと、朝までドミに来ていた21年度2次隊のショウくんと野郎2人で熱く語り合いました。

教育やJOCVの活動に対して似たような考えをたくさんもっていて共感できたし、

おれの持っていないものもたくさんもっていて、かなり尊敬できる人だった。

「協力隊が世界各国で経験したことを本にして、日本の小学校に置きたい。

日本の子供たちに国際協力の心を持ってほしい。」

というすばらしいアイディアをもっていた。

せっかく協力隊になったからには何か形に残ったり、目に見える成果というものを

日本でもパプアでも残したいなと俺も思った。

Comments
Comments
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/6-82ab4540
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks