ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
10/14 Gyafun.

近況。
今週から6週間、現地人と同居生活が始まった。
VUVUの卒業生でコンピューターの専門大学生でVUVUで実習中。
今回は何事も無いことを祈る。

学校はまだG10と12だけの授業。

自分はナショナルエギザムの試験監督があるだけ。

なので今はコンピューターの教科書作りを黙々とやっている。

教科書的なものは他にもあるが、文字がやたら多く、難しいし、機能の解説をしているだけで演習がなく、結局誰も使ってない。

そこで、超分かりやすく、誰でもできる&教えられる、演習中心のやってて楽しい教科書を作ることにした。

来年からはその教科書を元に授業を行い、他の先生にもその教科書を使ってコンピューターの授業をできるようにしてもらおうと思っている。

そして新たに、数学の授業を持たせてほしいと進言した。

ブラザー「日本ジンハ 英語ガ 下手ク~ソナノデ、使エ~マセン」

的なことを言われたが、

「いや、日本人は現地人が持っていないアイデアを持っている」
「暗記中心の授業ではなく、考えさせる授業をとりいれたい」

ということを言い返してなんとか持たせてもらえることになった。
現地の数学教師は負担が減るのでかなり喜んでくれた。

 

コンピューターの授業はボランティアにお任せ状態、ボランティアはただのその場しのぎのマンパワー状態として扱われているのは向こうのニーズではあるが、それだけでは物足りなかった。

来たからには何か足跡を残していきたい。

「技術移転」というやつだ。(ボランティアの間では頻出単語。)

 

エギザムが終わればG10、12はホリデイ。なんかもう一年経ったという感じの今日この頃。

来年、バリバリ数学おしえーの、英語ペラペラーの、数学の補助教材つくりーの、インサービスしーの、という姿を描いている。

そして、ブラザーに「ぎゃふん。」と言わせたい。

Comments
Comments
ぎゃふん
・・・・・またな
2010/10/25(月) 00:29:18 | URL | ゆうすけ #- [ Edit ]
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/51-7b1e78ef
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks