ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
9/17~21 涙のスキューバダイビング 感動編

家に帰った2人は疲れきっていた。

(ココポの女子校の理数科隊員Tの家に泊まっている)

宿題で出されていた、スキューバの教科書を読んでいるととんでもないことが書いてある。

呼吸は絶対に止めてはいけない!肺が破裂する!
急浮上してはいけない!減圧症というおそろしい病気になる!

アイダは一言もそんなこと言ってないぞ!

H「肺が痛い・・・」

まさか・・・減圧症!?

さらに足が痛い、腰が痛い、首が痛い、アイダが怖いという症状もあり、完全に心が折れていた。

無理もない。耳抜きすら結構つらそうだったし。俺は水泳部だからなんとか出来たのかもしれない。水泳やってなかったら俺もリタイアしていただろうな。よし、お前の仇は俺がとっちゃる!(※死んでない。)

【2日目】
今日は2本やると言っていたが1本になった。

「Take it easy!(楽に行こうぜ!)」なんて言ってやがる。

アイダとマンツーマンで海に入る。

どんなスパルタなレッスンかと思ってると、水中でマスククリーンの練習だった。他にはウエイトを外してつけたり、予備のレギュレーターを相手にくわえさせたり(間接チューだが嬉しくない)・・・

こ、これって初日にやるメニューじゃね・・・?

「パーフェクトだ!みんな最初できないけど、お前はすごい!」

最初じゃないからなぁ・・・。

【3日目】
今日も2本から1本になった。スケジュール適当すぎ。

他の客と一緒にボートに乗って島に行った。みんな英語でしゃべるもんだからイエローモンキーは引け目を感じていた。
一緒に乗っていたドイツ人の女の子がかわいかった。やっぱメリーの肌は白に限りますな。もし英語がペラペラだったら・・・くぅ。

途中なんとイルカの大群に出くわした!

P9193042

何十匹というイルカがいた。そしてボートと一緒に遊んでいた。

感激だ。こんなに近くで生イルカにあえるなんて。

そして今回のダイブは海に沈んだ日本軍の戦車を見ようというものだった。

一緒に乗っていたオーストラリア人やドイツ人に、「おい、お前んとこの戦車だぞ!」と茶化された。第二次世界大戦中の人達はこんな光景想像できないだろうなと思った。

サンゴと色とりどりの魚の中に二台の戦車が並んで座っていた。役目を終え、戦争の傷を癒していたかのようだった。

残念ながらHに借りていた防水カメラを壊してしまい、カメラに収めることは出来なかった。そしてカメラを壊したという自責の念に駆られていたので、またもや心の底から楽しめないでいる自分がいた。

【4日目】
最終日。

再びボートで島へ。毎回別のポイントに連れて行ってくれたのはよかった。

一本目30mくらいまで潜った。なんと!カメがいた!カメェェェ!

ひらひらと泳いで、すぐに奥の暗闇に消えてしまった。

カメって実在するんだ。というのが感想だった。

頭で分かっているのと目で見るのとでは違うな。水族館で見るのも違う。見た人じゃないと分からん感動がある。

二本目、なんと!サメがいた!サメェェェェ!

流線型のボディが美しい。そして泳ぎ方も直線的な泳ぎじゃなく、縦横無尽に泳ぎ回るといった感じだ。他の魚達とは違う、超絶した存在だ。

サンゴも見ていて飽きない。水深が深いと浅瀬のサンゴとまったく違った顔ぶれになる。何百年もかけて作られているサンゴは深ければ深いほど、大きく、原始的。

綺麗というよりも、今まで見たことの無い不思議な色、形。ナウシカのフカイを思い出した。どんな芸術家でもこうゆうものは作れないだろうな。自然の偉大さを改めて感じる。

魚も量も種類も多い。水面でバシャバシャやると逃げてしまうが、深く潜ると一緒に泳いでいるような感覚になる。アイダは珍しい魚を見つけるのがうまい。岩に擬態している魚とか奥に隠れている珍しい魚を見つけて教えてくれる。さすが熟練者だ。

そして、もう一つスキューバの魅力。無重力状態になること。最後のダイブでやっと空気の調節具合が分かったのだが、ちょうど中性浮力になると無重力状態になる。上も下も右も左も海。浮いている。ちょっと動くとスゥーとゆっくり進む。これがなんとも言えない心地よさだ。飛んでいるような気分。宇宙もこんな感じなのかなとも思った。

最後のダイブにして、最高のダイブだった。

ダイビングは精神面によところがすごく大きいということが分かった。

知識と経験、そして万全の装備なくしてダイビングは楽しめない。

不安要素をすべて取り除いて初めて感動するゆとりが出来る。

これからダイビングされる方は体験ではなく、ちゃんと免許を取ることとと、日本人インストラクターがいるところで取ることをお勧めします。

パプアはとにかく適当なのでいろいろ心配だし、危険です。

でも、最終的にはとてもいい経験ができてよかったです。いつも山に篭っていたので、いいリフレッシュになりました。

Comments
Comments
すごいねぇ~
元気だった?どうも、お久しぶりです。
こちらは気温がいっきに下がって過ごしやすくなってきたよ。
やっぱりひとすは海が似合う!水中眼鏡が似合う!
パプアの海、いろんなものが見えて、読んでて面白かったです。
2010/09/28(火) 23:14:35 | URL | aki #- [ Edit ]
たっちゃんのアドレス
おい!久しぶり!
手紙届いたからまた送るわ!
てかたっちゃんの電話とメールアドレスしらん!?(笑)
今年の1月から水泳のチーム作って毎月みんなで練習したり、旅したり合宿したりいろいろおもろいことになっとうねん♪
帰ってきたらしゃぁなしでチーム入れたるからバッタの練習しとけよ♪
あっあと、コメント長すぎ!!(笑)見る気にならんって!(笑)てか手紙もおもんない!(笑)
パプア行って笑い忘れたか!?
おまえはもうちょっとだけおもろいはずや!
とりあえずパプアに笑いを与えろ!
No Smile,No Lifeや♪
よろしく!
2010/10/04(月) 00:43:42 | URL | ムネヒサ #- [ Edit ]
コメントいつもありがとう>aki
日本はもう秋か~。紅葉シーズンだ。海似合うって言われると嬉しいね。水中眼鏡が似合うのはアゴが流線型で速そうに見えるからやな。
パプアの海、年中泳げるのでいつでも待ってます^皿^
2010/10/14(木) 19:54:59 | URL | ひとす #- [ Edit ]
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/49-9a0ad3f8
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks