ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
6/25 Suggestion 2

いいたい事は全部言ったと思う。

結果はというと

保留です。

議論する時間はほとんど無かった。何人かの先生がコメントをした後、多数決。決めるのかと思ったがなんやかんやグダグダで終わった。

まぁ提案した内容もかなり大きな変化だし、一気に3つも出したから吟味に時間が掛かるのは予想していた。あくまでも提案なのでこれからじっくり話し合いを重ねて実行に移せたらいいだろう。

先生方のコメントは以下の様だった。

①すばらしい、パーフェクトだ!これを今すぐ実行すべきだ!
②10分休憩は長すぎる!5分でいい。
③休憩はいらない。教師達は40分も授業してないし、2分で動ける。
④帰るのが遅くなるのがいやだ。
⑤生徒達にクラブを任せるとビレッジピープルに物品を盗られる。
⑥時計を設置すると盗られる。
⑦まずはG11とG9で実験してはどうか?
⑧クラブの監督は1人じゃきついから5人で交代制にしてくれ。

いろいろ意見は分かれたが、かなりの先生はこの提案が上がったこと自体には喜んでくれた。

校長、教頭、ブラザー、シニアスタッフは前向きに考えてくれているようだ。

ただ、いつもながら、他人事のように聞いている人が何人もいる。ミーティングルームの外で座って聞いている人はどういうつもりなんだろう?参加する意志がまったく感じられない。

いろいろと提案したが、この学校が抱える一番の問題は教師の質だ。

遅刻、欠席、生徒の前でタバコを吸う、ブアイを噛む、雑務をサボる、ミーティングに来ない。

生徒は見ている。そして、それに従っていく。 誰がそんな教師をリスペクトするねん!

分からんのか?それとも自分には関係ないと思っているのか?

はがやっしーわー

結局、タイムテーブルもクラブも委員会も教師のやる気次第。

この案を修正していくと同時に、教師のモチベーションを上げていく策を考えてみることにする。

さて、来週でターム2が終わります。ホリデイは首都に上がります。理数科教師でワークショップがあります。みんなにも意見を聞いてみよう。

Comments
Comments
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/38-f85e35b3
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks