ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
5/19 パンドラの箱

私の学校では月、水、金の休憩時間に20分程度のブリーフィングがある。さらにスタッフミーティングという2時間程度の会議が定期的に行われている。

今日はそのスタッフミーティングの日。

最近は英語や現地語がかなり分かるようになってきた。空いてる時間はなるべく先生や生徒と話してきたから、耳がこっちの人の癖に慣れてきたのと、学校のシステム、地域、人の名前、文化など把握してきたからだろう。

今日の議題
①『インタースクールカーニバル(州内選抜陸上競技大会)』
②『生徒の素行不良』

②について。

飲酒、暴力、喫煙、器物破損、落書き、窃盗、騒音、妊娠、不登校・・・

時が経つにつれて段々学校の実態が見えてきた。

生徒だけではない。教師にも問題あり。

全校生徒600人対して教師25人。しかし、実際はもっと少ない。

かなりの確率で教室に教師がいない。原因は病気やラグビー遠征の引率などで、それ以外はおそらく半分以上は怠慢。

ちなみにこの学校は国内でも1,2を争うトップ校。州外からも多くの生徒が集まっている。

まじめな生徒、先生はかなりいるが、これがPNGのトップなのか?と疑ってしまう。

先生や生徒に裏切られるとものすごいショック。

約束は守らない。時間は守らない。平気で嘘をつく。それが当たり前の空気が学校はおろか国中に流れている。

現在、学校が抱える問題について3人のプリンシパル相手に突撃インタビュー中。

単なる理数科教師ボランティア、24歳の舌足らずなジャパニーズマンギーがどこまで信用され、どこまで自由な言動が許されるのか・・・。

目を瞑ってたら2年間「あー楽しかった」で終わるんだろうな。

普段のコンピューターの授業も増え、生徒のUSBのウィルスチェックやパソコンルームのアンチウィルスソフトの更新、生徒の写真のアップなど、やることはあるけれど、

もう首突っ込んじゃったし、やるっきゃないね。

Comments
Comments
表と裏
これからの2年間でひとすのする事は移りゆく長い歴史の中でほんの消し粒程の事なのかもしれん。

しかしの~生を受けたからには自分の人生を精一杯使い切らんといけん。

自分の思うままに悩みながら真っ直ぐに進みや。

わしゃ~応援しとるぜよ。
2010/05/24(月) 23:20:39 | URL | 坂本 龍馬 #- [ Edit ]
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/28-e8619889
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks