ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
2/25 コンピューター教師

セントメリー高校は名前の通り、クリスチャンの学校で、オーストラリアから二人ブラザーが来ている。(ブラザー=修道士。シスターの男版)

そのうち、トニーという禿げた白ひげのおじいちゃんがこの学校の管理、運営をしているっぽい。オーストラリア人だが、英語の訛りがひどいし、歳もとっていてなにしゃべってるかわからん。

どうやら、Aを[アイ]と発音している。SPACEはスパイス。DAYはダイ。 エブリダイとかトゥダイとか。死ね死ね連発だ。
ちなみにEは[エイ]。パプアの英語も訛りがすごいが、この人もすごいと思う。

今、私は彼に従い生徒の成績表を作ったり、生徒用のコンピューターのフォルダ整理をしたりしている。雑用という感じです。

また、コンピューターの授業でアシスタントや簡単な指示を出したりしている。理数科教師という職種で応募したのだが、理数科の先生は間に合ってるみたい。コンピューターの先生がいないからコンピューターを担当してほしいそうだ。理数科はもう少ししたら持たせてもらえるかも。

IMG_1549

オーストラリアからの寄付で、パソコンが30台ほどある。パソコンルームはネズミ?イモリ?の糞や砂や草やゴミだらけ。床のシートは剥げてボロボロ。ジャンクがごろごろ転がっている。でも窓のない教室とかに比べれば結構ちゃんとしてる。

ここの子供たちはパソコンなんて触ったことないから、電源の入れ方やダブルクリックも知らない。マウスの持ち方もなんか変だし、指がガチガチ!なかなか見てておもしろい。教え甲斐がある。

来週は自分の授業がもらえるのか・・・はやく持ちたい・・・!

Comments
Comments
Post a comment
URL:
Body:
Edit password:
Private comment: Only the blog author may view the comment.
 
Trackbacks
Trackbacks URL
http://hitos.blog125.fc2.com/tb.php/23-4cf3d1ee
この記事にTrackbacks:する(FC2 Blogユーザー)
Trackbacks