ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
12/19 ビラス

さて、今日はエレメンタリー(2年生)とプライマリー(8年生)の卒業式での様子を紹介します。

セカンダリーでも頭にビラス(飾りをつけること)している人が何人かいましたが、エレメンタリーはもっとすごい。IMG_7218

全員全身ビラース!

妖精?妖怪?とにかくかわいくて、おもしろい。IMG_7157IMG_7248

  これはとなりのプライマリーの子です。頭に鳥が刺さっています。

IMG_7864卒業証書授与の他に各学年の教科ごとの成績優秀者の表彰などがある。その後は、モダンなダンスやトラディッショナルシンシンなどが催される。  

こっちの卒業式はしんみり泣くものではなく、歌って踊ってのお祭りって感じです。

12/7 マヌスでPCM

しばらく停電やらなんやらでブログやる気なくして放置してましたが、変わらず元気にやっています。

犬と散歩して、生徒とトクトクして、ご飯を作って食べて寝て実に健康だ。なにより心が健康だ。自然は美しく、人はいつも笑っている。なんてすばらしい国だろうか。さらに、日本にはない「自由」がある。そして、「存在価値を認めてくれる人々」がいる。とても居心地がいい。
今、嫌な部分をひっくるめてもパプアの良さは圧倒している。

今まではなかった「永住」という選択肢が頭の中にある。。。

さて、
学校にお金がないため、ちょっと早めに学校を終了する予定だったが終了日予定日の前日になって急に「あと2週間延長します!」だってさ。生徒も先生もやる気0、実家に帰る生徒も多数。。そりゃそうだわ。

そんな中、私は11/19(土)~11/27(日)までマヌスへ理数科の分科会に行って来た。P1030035

以前首都で勉強したPCM(Project Cycle Manegement)を用いたワークショップをマヌスセカンダリーとパピタライセカンダリーの2校を対象に行った。

他州からのJICA理数科教師6人 + 現地のJICA理数科教師2人がそれぞれグループで司会者やヘルパーとして入った。

実際に問題分析をして、プロジェクトを組み立てていくのは現地教員である。

私はパピタライの司会者を務めた。

うちの学校と似たような問題をもつ学校なのでやっていて非常に興味深かった。

ワークショップに来ていた先生はこの学校の中でもやる気のある先生たちだったので、教師の悪いところも包み隠さず、積極的に発言してくれた。

4日間毎日朝から夕方まで、ひたすら話し合いを進め、最後には無事プロジェクトが完成した。

最終目標は「生徒、教師の出席率Up」

具体的にやるアクティビティは。。。

専門科目選択の際のオリエンテーション
ブリーフィングの時間変更&時間厳守の徹底
生徒手帳の作成
新学期に警察や神父やPTAによる生徒指導オリエンテーション
などなど。

他にもアプローチたくさんあったが、それはまたの機会。

まずはこれらを施行して評価して再検討して、というサイクルをする。

評価のひとつに生徒と教師の出席率のデータを参照するという項目を作った。

さらにこれをグラフ化して学校の掲示板に張り出す予定だ。

これだけでも教師はかなりプレッシャーを感じて出席率が向上しそうな気がする。

来年の結果が楽しみだ。

★マヌス紹介★

ニューギニア本島から北へ350Kmのところにある小さな島。

めっちゃ暑い!なんたって南緯2℃!晴れた日は海の向こうに赤道が見えます(んなことはない)。中心地はマーケットとストア2個だけ!なんもないのが魅力。人も少ない。静か。ココポとは大違い!とっても安全で住みよいいいところ。アっツイのは我慢!!

IMG_2197

これは マヌスといえば 「サクサク」!

ココナツの木の中のでんぷん質をこねて餅状にしたもの。

サクサクというかモチモチ。

味は無味!ここの人はみんな食べ飽きたって言ってます笑

名物であり、主食。そして嫌われ者。。かわいそうに。

P1000617

最後に学校の生徒がシンシンしてくれました。右の人はここに配属されているボランティアです。一番キレがありました笑。女の子の腰の振り方がとてもかわいらしい。

IMG_2235

戦没した日本兵の慰霊碑。すぐ近くにはアメリカ兵の慰霊碑もある。

空港から5分。この空港はかつてのアメリカの軍用のもの。

青い空、透き通る海、生い茂る熱帯の木々に囲まれて眠ってます。

こんな平和で美しい小さな島もかつて戦場だったんですね。

人間は愚かである。と語っています。