ひとす@PNG
2010年1月パプアニューギニアに派遣された青年海外協力隊・理数科教師の活動記
2/6~10 マラリア

2/6
ビレッジステイから帰宅すると、なんかだるい。風邪かなと思ったら急に寒くなってきたので一日中寝る。

2/7
熱が38度まで出ていた。シンシンを見に行く予定だったんだが、残念ながらキャンセル。

2/8
ものすごい悪寒で、長袖の厚い服を来て寝袋に入って、毛布2枚かけていた。一日経ってもよくならないので、解熱剤を同僚の元薬剤師隊員からもらった。

ものすごい滝のような汗がでた。Tシャツびちょびちょ。熱は下がった。

しかし、その晩熱がまた39度まであがり夜一睡もできなかった。

2/9
マラリアキットで検査してみる。。。陰性。

パナドールやコドラルというこっちの強めの風邪薬を飲むも、熱は下がらず、逆に悪夢を見て寝れない。夜中じゅう叫ぶ。

2/10
最終日には解熱剤でなんとか下げて飛行機で帰った。

ふぅ。。。

 

ポートモレスビーに帰り、医者に行った。念のためもう一度マラリア検査を。

すると、突然名前を呼ばれた。

え?マラリア!?しかも熱帯性!?


ハーゲンでかかるやつなんていないって言われてるのに・・・
運がよっぽど悪かったらしい。しかも熱帯性って死ぬやつやん(笑)
しかも、パプア来てマラリアかかるのはやっ!!最短記録やぞ!!?(笑)

でも薬を飲まなくてももう晩には元気になっていた。一応薬を飲み後日再検査。陰性反応が出ました!もう、治ったみたい。とりあえず、よかった。

なんだったんだ・・・・。薬を飲まずに、あの世界中で恐れられているマラリアを自力で克服したのか・・・?よくわからんけど、まぁよかった。。。

2/5 田舎に泊まろう。2

   IMG_1443

今日はブッシュウォーク。山の中をひたすら行く。
雨で地面が沼みたいになってるところを木の枝の上を歩いたり、岩の間を縫うようにしてあるいたりと、道なき道をひたすら行く。靴は一瞬でぐっちょんぐっちょんになった。イライジャはすたすたと軽快だ。山の中で休憩していると裸足のおばちゃんと子供がこれまた軽快にすたすた。どこいくねん!と思ったら、畑らしい。えーこんなとこまで毎日来とんがかよ!とびっくりした。

しばらく行くとイライジャの畑もあった。こんなとこに畑!?

IMG_1448

イライジャは自慢そうに畑を見せてくれた。コーン、ビーン、キュウリ、カウカウ、カボチャなどが植えてあった。こんなとこまで、1時間くらい山登って畑仕事なんてすげーなみんな。

さらに歩くと今度は山の中のバレー場についた。へとへとだったが楽しそうだったので混ざってみた。

IMG_1452 IMG_1461

しかもこいつら超本気だ。俺がミスっても「リクリクサムシング!(気にしないで)」とか言ってくれるんだけど、他の奴がミスると「おい!ボケ!死ねや!!!」とどなりちらしている。なんとお金をかけていたのだ!といっても何十円だけど。

審判もみんなも必死だ。
「インチャイ!!インチャイ!!(インサイド)」
「アウチャイ!!アウチャイ!!(アウチャイ)」

でも真剣にスポーツをやるっていいね。おもしろかった~。

IMG_1472IMG_1483

左、みんなで食事の準備。今日は俺のためにごちそう。シプシプ(羊)のココナッツ煮だ!!ちょーうまかった~肉かたかったけど。

右、ビルムを編むママ。アラスカにパプア代表で鞄コンテストに行ったこともあるらしい。パプアナンバーワンビルマーだ!

IMG_1491   今日が最後の夜。みんなソーリーソーリー(残念だー)とかお前が泊りに来てくれてよかったとか言ってくれた。俺もなんとか言葉返そうとピジン語でお礼を述べた。なんかパパが少しうるうるしてた。俺もちょっとうるうる。ほんとうにみんな優しくしてくれた。たくさん話してくれた。ありがとう!ルッキムユーサンペラタイム!(また会いましょう)

2/4 田舎に泊まろう。

2泊3日のビレッジステイが始まった。語学訓練の一環で近くの村にホームステイしに行くのだ。

朝、ホームステイ先の家族の人と顔合わせして山へ向かった。

俺はイライジャという青年の家に行くことに。35くらいかなと思ったら、20歳だった。こっちの人歳全然わからん。ちっさくてかわいらしい7歳の弟、クリントンも一緒だった。よっ大統領!

途中までPMV(パブリックモーターヴィークル)で行き、舗装がなくなり、途中から岩がごろごろの急な坂を徒歩で登っていった。IMG_1387IMG_1393

イライジャ「荷物もとうか?」
おれ「へーきへーき!」
イライジャ「本当に大丈夫か?」
おれ「大丈夫だよ~」

・・・5分後

「ヘールプっ!!!!!!」 手荷物をもってもらった。

10分ですでにくたくただった。。
俺にはすでに『ウィークマン』の称号がついていた。
クリントンでさえトコトコと余裕そうに上っていく。強いなこいつら~。

「ウィーク(弱虫)!レイジー(怠け者)!ウィスケット(あご)!」
と罵倒されながら何とかヴィレッジに到着。

おーーー!これが家か!けっこうきれいそうだ!

IMG_1401 IMG_1410

左が寝る家、右がご飯を作る家だ。周りは山、畑、家がぽつんぽつん。他の家はみんな右の家みたいな藁の家。この左の家みたいな家は一軒もない。中には電気とテレビと個室にベッドもあった。この家は間違いなく村一番の家だった!しかし蠅の量は尋常じゃないくらい部屋中を飛び回っている。ん~これさえなければな><。

家族はパパ、ママ、ピキニニメリー1人、ピキニニマン6人、クリントンの下にもう一人いてジョナというさらにリクリクな子供がいた。お母さんめっちゃ頑張ったな~

家族にあいさつした後、アニキのベンジャミンに滝に連れてってもらった。崖や森をブッシュナイフでかき分けて進んでった。この道がまた険しい。やっとのことで滝に着いた!

滝だー!!!!でけー!ワスワスしよーということで、体をワスワスして滝を満喫しました。写真に写っている滝の周りにいる人は森の妖精です。

IMG_1421 IMGP0476

昼ごはんはマギー丼。こちらでは食べれる草は全部クムというんだが、クムに、パプアで人気のインスタントラーメン「マギー」を混ぜて煮込んだ物をべちゃっとご飯にかけたもの。基本的にこのご飯か、イモを食べて生活しているようだ。けっこううまい。

IMG_1430 IMG_1431

俺はすぐにおなかいっぱいになってしまったが、みんなはぺロりだった。特にジョナ(3歳くらい?誰も年齢を知らないw)はよく食う。俺より食う。30分くらいしてまた外でなんか食ってた。暇さえあれば食ってる!おかげでいつもお腹がパンパン。子供なのに妊婦さん状態だ。

 IMG_1432 IMG_1433

これはトイレ。現地語でスモールハウス。腰を屈まなければ用を足せません。最初はなんかぬかるんでるし、虫出てきそうやし、嫌やーとおもったけど慣れると結構普通やった。

 IMG_1434 IMG_1438

あとは、日本から持ってきた折り紙で飛行機作って遊んだり、村を案内してもらったり、似顔絵を描いてあげたりした。おりがみも似顔絵もすげえ喜んでくれてよかったぜ~。右のイモはカウカウというイモ。サツマイモみたいでおいしい。晩ごはんです。

あ~今日は歩き疲れたな~ここの人みんなホント元気!

2/3 ハッピーバースデ~♪

 P1040347今日はショウゴの誕生日。ケーキをプレゼント!

黄色の信号ケーキ !!!

P1040345

見た目は食器洗うスポンジです。超まずそー。

そして硬い

味は・・・・

まっっっっ

ず!!!!!!!

 

おえー。

 

さて、明日からビレッジステイです。竪穴式住居みたいなとこに2泊3日ホームステイしてきます。8人がそれぞれ別の家に行きます。

飯とか寝るところとかトイレとか・・・

不安なことはたくさんあるけど、楽しんできます。